非破壊・超音波・渦電流・開発のdB

TesTex

TRITON

3種の技術が搭載された渦電流探傷装置

3 種の技術が可能なオールインワン装置
1. LFET 低周波電磁誘導技術
2. BFET バランスフィールド渦電流技術
3. RFET リモートフィールド渦電流技術

TesTexの独自技術を含む、3つの技(LFET/BFET/RFET)を装置一台で使用することが出来ます。必要な技術だけを選択することも可能です。

  • 検査対象にあった多くの標準スキャナーのご用意があります。カスタム 設計・製造も可能です。
  • 磁性体・非磁性体に適用できます。
  • 接触媒質を必要としない非接触方式で、塗装上からの検査が可能です。 ※前処理・後処理不要
  • LFET:外面部からの探傷で内外面のキズを検出可能です。
  • BFET:表面・表面直下のき裂検査に用います。様々な溶接形状に対応可能です。
  • BFETは、リフトオフとノイズを除去し、乱れのないベースライン信号を生成し、スキャン速度を高速化することができます。また、キズの方向性を選ばず検出することが出来ます。
  • ソフトウエアにはデータ収集、3Dフルカラーデータ表示、マッピング、クイックビュー分析などがあり、キズを正確に検出し、位置を特定、定量化することが出来ます。

Falcon Sシリーズ

タンク底板腐食検査システム

Falcon Sシリーズは磁気飽和低周波渦電流探傷法(S-LFET)技術によって、塗膜上から表面及び裏面の腐食を検出することができます。また表面と裏面の腐食の識別が可能です。

  • 調整可能な走査速度:最大 25.4cm/ 秒
  • 塗膜厚さ:最大 12mm ( 但し、非導電性コーティングに限ります。)
  • 対応底板厚み:最大 30 mm まで 炭素鋼
  • 非磁性・磁性に対応
  • 接触媒質不要
  • 検出できる割れは方向性によります。
  • 16chのセンサーにより、355mm の検査幅を担保します。
  • リアルタイム/エンコーダーの使用により、連続的な検査結果を得られます。
  • 狭部検査用小型スキャナの 127 mm も用意できます。
  • 高い検出性能により、表面と裏面の識別が可能です。

Falcon S用ハンドスキャナー

狭部検査用小型スキャナ ーもご使用いただけます。

  • スキャン幅127㎜
  • 4チャンネルアレイ
  • 塗膜厚さ:最大9mmまで※非導電性コーティング
  • 対応底板厚み:最大19mmまで※炭素鋼

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6809-3762 受付時間 9:00 - 17:30

STAFFブログ

PAGETOP
Copyright © ディービー株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.