非破壊・超音波・渦電流・開発のdB

Explorer

Explorer

フェーズドアレイ、最先端FMC/TFMに対応
小型超音波探傷器

主な仕様

  • 探傷方式  :フェーズドアレイ/FMC
  • CH数   :16/16~128/128(チャンネル構成表参照)
  • 最大PRF  :20kHz
  • 受信帯域幅  :50kHZ~20MHz
  • サンプリング周波数:100MHz
  • データ伝送速度  : 100 MB/s
  • 防水/防塵対応  :IP65に準拠
  • 小型/軽量  :1.7㎏以下、手のひらサイズ
  • サンプルコード付きの標準SDK(LabVIEW、C++、C#、Matlab、Python 他)
  • ソフトウエア:ARIA(汎用的で高度なTFMソフトウェア)他

    詳細仕様はこちら Explorer仕様書

チャンネル構成

  16/16   
32/32    
16/6432/6464/64    
16/12832/12864/128
16/25632/25664/256
分母:ハンドリング可能な最大素子数  分子:同時励振可能な素子数
Explorer紹介動画
< アプリケーション >・フィールド探傷
・自動スキャナーやクローラーへのマウント
・ロボット検査 
・溶接検査  
・水浸検査
動画_アプリケーション(風力タービン) Explorer64/64 & Adaptive TFM

Explorer 64/128 VR: IP68に準拠した設計

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6809-3762 受付時間 9:00 - 17:30

STAFFブログ

PAGETOP
Copyright © ディービー株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.